おなか一杯な音

先日、Iさんから憧れの日立(Lo-D)HS-400とHS-500を貸していただいた。

左から ALTEC ALS-62、SANSUI SP-LE8TH、Lo-D HS-400、Lo-D HS-500

これ以外にもこれも・・とお話があったが2Fに設置することで、重量級はさすがにコルセットを巻いた腰が持たないことと、6畳というスペースの関係上、今回はこの2台をお借りした。

Iさん宅で聴くHS-400と自宅で聴くHS-400 どう違うのかとても楽しみだった。

ここ2週間ほど、色んな音楽を聴いてみて自分なりの感想を書いてみる。

HS-400:

優等生、平面バッフルで無いこの環境で低域はあまり望めないが、低域から中高域までバランス良くシャープな音で再生してくれる。Iさん宅で聴いた音と同じ音だ(当然だが)ジャンルを選ばない音、 色づけの無い音。 こういう音をモニター的なというのか。どちらかというとJBLのように明るいけれどJBLのような濁りの無い音。

HS-500:

最初聴いたときには、なんと物足りないもっさりした音だろうと正直がっかりした。しかし、少しアンプのボリュームを回してやるとなんと滑らかで艶やかな音だろう。バイオリン、高めな女性ボーカル、「じっくりと」「しっとりと」BGMとかクラシック音楽を聴くととても心地よい。

いやあ、スピーカでこんなに違うのだなぁと改めて感心した次第。ついでにALTEC、JBLの音の感想も。

ALTEC ALS-62:

高域から低域までバランスのいい音で広がりのある音、女性ボーカルを聴くと中高域が物足りないが聴いていて疲れない。ALTECらしい中低音の張りはあるがどちらかというとあっさりした音

SANSUI(JBL)LE-8T:

中低域がグラマラスでフルレンジだけあって定位が良い。ボーカルや楽器の位置がぴたっと決まっている。ALTECもそうだが HS-400をジントニックの透明に例えるなら、ALTEC・JBLはスコッチウィスキーの琥珀色という感じの味付けがある。他のスピーカに比べ高域はさすがに物足りないので 075あたりのツイータを跡付けしたいところ。HS-500のツイータも愛称よさそうな気がする。

日立の名機2台、JBLの名機、さらにALTEC、これだけ贅沢な環境で音楽を聴けるなんて最高である。

毎日、音楽を聴きながらチビチビとお酒が進む。

今年の健康診断は肝臓やばいかも。